メインイメージ画像

入学時の助けとなる為には

子どもが希望した学校に入る時に頭が痛いのが、授業料や後日発生する教材費などと言えます。当然、貯金だけでまかなえる方々は問題ないと思われますが、そうではない方々の助けとなるのが教育ローンです。多くの金融機関で取扱いのある教育ローンですが、大事なのはその金利と思われます。金利が一番安いのが日本政策金融公庫の教育一般貸付と呼ばれる国の教育ローンと思われます。借用できるには収入のきまりや子供一人あたり350万円未満などの範囲がありますが、固定金利の形式で安心な教育ローンだと言えます。

重要な金利は、年2.35%となり、様々な銀行の教育ローンの金利と対比しても下です。

教育ローンはJAでも融資をやっています。「農」とはつきますが農業をする方だけが、利用できる機関ではなく、一般の人達も普通に口座を開くこともできます。以下では、農協の教育ローンを使用した人の体験談を見てみましょう。「様々な金融機関での教育ローンを調査していた時、農協の教育ローンを聞きました。

実のところ、よく知らず、農業に従事しなくても使用可だとは知らなかったです。各店により相違すると思いますが、私が使った支店はキャンペーン中で金利もとても安くなっていました。最も嬉しかったのは、営業の方が幾度も家まで訪ねてきてくれ、同じ立場に立って、納得できるまで話してくれた点でした。」営業の方の態度も鍵になってくるでしょう。

更新情報